人生


今日は銀座テアトルシネマで上映されている「ヤコブへの手紙を」を観に行きました

一人の老神父と元受刑者の話

祈る事を使命とした神父
自分は神の道具にすぎないと何の欲も持たず
たくさんの人々に、ばかげていると思うほど愛と平和を贈り・・・
その姿にいつしか映画を観ている私も愛に包まれ
その深さに帰路の丸の内線の車内でも涙を流し
自分の垢(欲)が洗い流されたようでした

感謝する大切な事を忘れていました
自分は実に愛されていた事に気づくと
自然とやさしくなれるのですね

40代に入り今後の行き方をよく考えるのですが
この映画は大きなヒントなりました

ヤコブへの手紙 フィンランド映画
銀座テアトルシネマで上映中
| 発見 | 02:21 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.kanasgarelie.com/blog/tb.php/153
トラックバック

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   08 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
COMMENTS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥