虜になりました!
フランス・シャンパーニュ地方
高級酒であるシャンパンが製造されており
この地で製造されたものだけがシャンパンとなります

人々はシャンパンに従事しているせいか
県庁所在地であるランスはとても豊かな美しい街並み
人々もセコセコしておらずのんびりとした気持ちになります

ランスへはパリからTGVで1時間余り
日帰りでも十分楽しめる範囲内で
駅からはシャンパンの畑やドメイヌをめぐるツアーが出ています
145ユーロ(約¥20000)と値もはりますが
フランスで唯一の贅沢とし
昨年に続き今年も参加してきました
というのも
畑や生産者の方との交流を通して
この高級酒の虜になってしまったのです

歴史を遡ること17世紀

北西に位置するシャンパーニュ地方は寒さによりブドウの成長には適さず
ワインの出来にもむらがありました
何とかならないかと研究をした結果
(一説には偶然にも)
ワインとは別の飲み物シャンパンが生まれたのです

この生みの親が修道僧であり醸造家であるドン・ペリニョンです

モエ・シャンドン社の庭にある銅像


今回はシャンパンの歴史を知るために
ドンペリのお墓、現在はモエ・シャンドンが所有する修道院(非公開)ですが
モエ・シャンドンをめぐるツアーに参加いたしました


ドン・ペリニョンのお墓です

モエ・シャンドンの会社ツアー

地下でシャンパンが熟成されます
暗いところを一人で歩くのもちょっと不安になります

更に進むと
ジェロボアム(750㎖の4本分)のドンペリが無造作に置いてある
なんとも太っ腹な会社です


これほどに人々を魅了する飲み物をつくった
ドン・ペリニョンのとはどんな人物なのか・・・
しかし
一修道僧の記録は残っていないのか
調べてもよくわからない

資料に限界があるのかなと思いながらも本屋行くと
あるではありませんか!


10章にはドン・ペリニョンとシャンパンという項目が!!
探せばあるのですね

夏の読書の楽しみです!
ワインと修道僧
八坂書房 ¥3800(税抜き)
ワインと修道院


| 喜   | 11:49 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.kanasgarelie.com/blog/tb.php/238
トラックバック

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
COMMENTS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥